2021年09月10日

椿の実






Shinobuさんにもらった椿の実。





しばらく放置してきたら、
桃太郎みたいに、ぱかっと割れてきた。

tubaki1.jpg






それから5日が経過し、さらに自然に割れた。

tubaki2.jpg





椿油作ってみたかったけど、もうちょっとあった方がいいね。
そう思ってたら、たぶん、そのうち近くで出会うだろう。(^^)







【草・野花・果物皮・種の最新記事】

ウンベラータの新芽




ウンベラータを切って、花瓶に生けた。

親友にその枝を持って行ったら、
すーっごく喜んでくれた。

もう一本切ってみた。
まだ根は伸びていない。
少しカルスみたいになってる。






切ったとこから新芽が伸びてきた。

unbe1.jpg





数日で展開してきた。

unbe2.jpg






切っちゃったのに、楽しみが出てくるってイイヨネ!








posted by nori at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2021年09月07日

ヨモギ摘み





昨日は、仕事が昼過ぎに終わった。


今は車通勤しているので、駐車場までの10分くらいの道を歩く。
(ありがとう。おかげさまで何とか歩けています。)


途中で残念、雨が降り出したので傘を差した。


なぜ残念かというと、今日は
空き地に生えてるヨモギを採るつもりだから。


今日はビニール袋を持ってきた。
1週間前から採ろうと思っていた。
今日はまだ外が明るいし、
毎日出勤していないからヨモギも育ってしまう。
今日しかない。


傘を横に置いて、摘んだ。
空き地は一段高くなっているし、針金で入れないから、
手に届くだけ。少ししか採れなかった。



摘みながら
「求めよさらば与えらん」って思った。

春は、いつもの場所に育っているのを横目で見てた。
自転車じゃないと行きにくい場所だから摘めなかった。

歩く場所が変わって、たまたまこの前、ここのを見つけたのだ。




しとしと少しの雨に濡れながら摘んで、
それから傘を差しながら
そのビニール袋をぶらぶら下げて帰りました。




yomogi2.jpg






yomogi.jpg

たったこれだけ。
でも摘むのって、ほんと楽しい。






2021年09月05日

朝ごはんはケーキ





9-5.jpg




この前作って、冷凍していたパウンドケーキ。
卵は卵黄なしの卵白だけ。

今回は砂糖とバター、少しだけ減らしましたが、
使いたい卵白のグラムを量って、
粉・砂糖・バターは、全部卵白と同量、って感じです。

卵白は、分量が多い時はメレンゲにするけど
少しの時はそのままグルグル混ぜるだけの時もある。

メレンゲが完璧!って思う時は入れないけど、
大体、ベーキングパウダーで膨らます感じです。

レモン汁とレモンの皮、少しのクルミが
すごく合います。



半解凍でカットした状態です。
食べている間に完全に戻る感じ。
とてもしっとり食べられます。

半解凍をカットすると、1分くらいですぐ
ふわふわに戻る感じです。




家族は、昨夜の残りのメンチとチキンフライのバーガー。
朝食は飲み物だけの人もいます。






posted by nori at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り菓子

2021年09月04日

オニャティの茎(?)





オニャティ5.jpg

この前の、ヤマハハコの本の裏表紙にあった
何のことかわからない「オニャティの茎」。




同じような形で探していたら、こういうのがありました。

黒キャベツ.jpg

でも、葉がちりめんみたいになっているから
これは違うネ・・。






オニャティ0.jpg

オニャティで調べると
スペイン、バスク地方の都市がヒットする。







色々見ていたら、ついに単語が出てきた!

オニャティ4.jpg

イブン・プラトーン
(イラクのネストリウス派キリスト教徒の医者)
の「健康全書」という本に載っていたようです。

300種以上の、植物の効能?が書いてある
中世の古い本のようです。






オニャティ1.jpg

似たような葉の絵があり、そこに、やっと、
探していた単語『Caules onati』があり、
『キャベツ』となっていました。
(同じ絵での翻訳は探せなかった。)





ちょっと品種は違うと思いますが、
キャベツの仲間だろう、と言うことがわかり
多少(^^;、納得できました。






説明書きが本にありました・・・。

posted by nori at 21:17| Comment(7) | TrackBack(0) |

2021年09月03日

へにゃなチーズパン





pan1.jpg

昨日煮た餡子であんパンを作りました。





anpan7.jpg




anpan8.jpg







pan2.jpg

残りは思い付きで、何も入ってない丸パンと
大きいまま、ピザ用のモッツアレラチーズを
たっぷり目の一つかみ入れたパンにしました。

pan3.jpg








この大き目のチーズパンが
私らしく、雑に、へにゃっと焼けた。

pan4.jpg





pan5.jpg

でも、美味しく焼けてました!
子供たちが居なくてザンネン!






posted by nori at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パン

本が届いた






hon1.jpg

ヤマハハコをネットで色々見ていて、
古本の冊子を見つけたので買ってみた。

別の店でシダ系の古本も買った。
こっちも中身が面白そう!

(左の小さいのは前から持っている本。)

これらの冊子は、1994、1996年の物でした。
週刊朝日百科。

この週刊朝日百科シリーズの本は
やっぱり古本で買ったものだけど、
美術関連の物も持っている。
大きくて薄い冊子。
A4ワイドで、絵や写真が大きいから、
きれいに見れて、とてもいい。




ヤマハハコの記事を探すと、ほんのちょっとだった。
でも、近い種類の植物も色々あって、読みごたえがありそう!
買って良かった。(^^)
後でゆっくり眺めます。








この冊子の、裏も可愛かった。

hon3.jpg



グーグルレンズで読もうとしたが、
ラテン語がうまく翻訳されなくて
よくわからない。

『オニャティーの茎』

・・・らしい。全くわからないです。あせあせ(飛び散る汗)
絵的には、ケール?
ブロッコリーの葉みたいに見えるけど。
聖なる野菜なのかな?
探すと同じような絵がたくさん出てきたので
余計にとても気になりました。

もしかして、ラプンツェル??






yamahahako9-3.jpg

今日のヤマハハコ。



しつこいヤマハハコ投稿ごめんなさい。
これでとりあえず落ち着きます・・・。(^^;






posted by nori at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) |

すてきなカード





この前、もらったカードが可愛い。




ka-do5.jpgka-do1.jpg





ソビエトがなくなる5年前かな?
おもしろいので見るだけでも、って。
・・・本当に見ていて とてつもなく楽しい。
本当にいつもとてもうれしい物ばかり。♪

カードの裏をグーグルレンズで見ると、
1986年モスクワとある。
左はペパーミントで右のハガキはタラゴン。

左の女性はサモワールでお茶を飲んでいる。

古い物も、異国の物も、いいなぁと思う!(^^)






ka-do2.jpgka-do33.jpg

大きい封筒も。
リサイクルペーパーって書いてある。
色合いもいいし、裏には蝶の絵。
値札のような黄色いシールが、またイイ。
封筒はイタリアって書いてあった。







ka-do4.jpg

ムシノクニ の葉書きに、
メッセージをたくさん書いて贈ってくれた。

これは、
『川上四郎 1929年6月
コドモノクニ名作選』
って裏に書いてあった。
かわいいな。



私が幼稚園の時は
『こどものとも』『かがくのとも』
っていう雑誌があったのを思い出した。

こどものともは
童話がいくつか載っている薄い冊子で、
面白いと思うお話ばかりが載っていた。
『ゆきむすめ』が載っていたのを思い出す。
たぶん、『賢者の贈り物』も載っていたかな?



ゆきむすめは大人になってから買ったので
手元にあります。
今見てきたら、ロシアのお話だった!





posted by nori at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2021年09月01日

煎ってみたよ



夕食の後にちょうど小豆を煮ていたので、
その横のコンロで、
ヤマハハコを、炒ってみました。
香りの説明はちょっと難しいけれど、
その間、いい匂いがしていた。
(KSさんが助言してくれた加熱ってこういうことかも!)





iru-hahako2.jpg






iru-hahako3.jpg







iru-hahako4.jpg

3分後






iru-hahako5.jpg

蓋を開けたら、やっぱりまだいい匂い。

この時に、一人夕食を食べていた次男に臭いと言われた。
そんなに強い匂いがしていると、私はわからなかった。

詳しく聞くと、食べ物では無い、
食事の時に嗅ぎたくない匂い
だったらしい。(ごめんね)
(例え話でトイレの芳香剤って出てきたけど
そういう匂いでは断じてありません!!)


なかなか良いコメント!ふむふむ。(^^)
つまり、食べ物と思えないとしても
イイ匂いってことかもね。
やっぱりちょっとお花系の植物香なのだろう!





iru-hahako6.jpg


炒った香ばしさもあり、えぐみ?のようなものが
さっきより抜けていて、飲みやすい。

さっきの生のお茶は全部飲みたくない感じもしたが、
今回は気が付くとお代わりしていた。

お茶を煎ったり蒸したりして飲む文化ってすごいね。



今回はまたとても楽しめた。
ありがとうございます。



でも、やっぱり、メジャーなお茶って
それだけ美味しいってことかも、って思いました!(^^;







続きを読む

ヤマハハコの葉





お皿に盛った、ヤマハハコの葉。
より香りを楽しむために、この前
マッチで燃やしてみたら、燃える匂いだけだった。



KSさんに、温めてみたら?と助言頂いたので
ワクワク、試してみた。



yamahahako-ha.jpg

でも私が思いついたのは、ライトの上に
ステンレスの皿を載せて温める方法・・・。

ライトは、光を強くして(すごくまぶしい)
上に載せたお皿ごと温めたけど、
お皿が熱い!までにはならず、温かい止まり。
やり方が悪いみたい。

だから、隣の温めてないものと
香りを比べてみるが、変わらなかった。
むしろ、温めてない方が香りが強い気がした。



温める方法として、他に、煎るとか蒸すとか考えてたら、
お茶は?って思った。



ヤマハハコはキク科と教えてもらっていた。
似ているカワラハハコもキク科だし、
自己責任で試してみる。





hahako1.jpg

水で洗ってから、熱湯をサッとかけ流した。




hahako2.jpg




hahako3.jpg




少し待つと色が出てきた。

蓋を開けて香りを確認。

・・・すると残念!
良い香りが消えてしまっている。
味は、ほんのほんのわずかに甘味があるが、
わずかわずかに青臭く、ほんのわずかに
苦いような渋いような味がある。




hahako4.jpg

やはり、美味しいとは言えない。
だから、『ヤマハハコ お茶』で検索しても
ヒットしなかったのだろう・・・。



炒ってみたらどうだろうか・・・。
時間があったらやってみます・・・。