2021年09月19日

出てきました




sennitikou9-19.jpg

土に植え直した千日紅、
腐葉土の入った土の中から
翌日、ニョッキリ、出てきました。
よかった。



posted by nori at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2021年09月12日

台所の窓辺





hananae.jpg




小さい台所に立って
小さい窓に飾るセコイ植物を眺めるが好きだ。



この前ホームセンターで見切り苗を買ってきた。
1ポット50円とかで買えたのでホクホク・・・。

苗に付いてた花を少しずつ切ってきた。
ストロベリーキャンドルとタンジー。

あとは最近買ったイソギクの白い縁取りの葉
ボルトジンユとブータンナニワイバラの葉。





posted by nori at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2021年09月10日

ウンベラータの新芽




ウンベラータを切って、花瓶に生けた。

親友にその枝を持って行ったら、
すーっごく喜んでくれた。

もう一本切ってみた。
まだ根は伸びていない。
少しカルスみたいになってる。






切ったとこから新芽が伸びてきた。

unbe1.jpg





数日で展開してきた。

unbe2.jpg






切っちゃったのに、楽しみが出てくるってイイヨネ!








posted by nori at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2021年08月29日

月桃





gettou0.jpg

お花屋さんで買ってきた月桃の実。

殻の縦線や形、熟れ具合の色の変化が
とても美しい。

(この花瓶も同じお花屋さんで買いました。
キノコのようでもあり、海藻のようでもあり、
一目惚れで買ったのでした。)





そして、
インスタをフォローさせていただいている方に、
月桃の実の発芽率が高いことを教えていただいた。

そうしたら、次に月桃を見た時、
殻がはじけて、中に種が見えたのだ!



ちょっと不思議な力が働いたか!?
って思った。(^^;




それで、すぐ、外に蒔いてみた。




やがて、ほとんどの殻がはじけて、
もうこれ以上成長しない感じになったので、
ドライにして楽しむことにした。




gettou2.jpg







gettou3.jpg

友達への贈り物に入れようと思って切ったのに
入れ忘れてしまった種。




そうだ、コレ蒔こう!と、
(前回蒔いたことを忘れていた!)

狭い庭をウロウロして蒔き場所を探した。
ちょうど枯れてしまった植物の鉢があったので
そこに蒔いた。

その鉢には、
この前ばら撒いた粒状の肥料が落ちていた。
少し土をかけよう。
何を蒔いたか忘れないように、
この殻も潰して撒いてしまおう。

・・・と思ったら、
すでに潰された月桃の殻があった!
よく見たら、肥料だと思ったのは、
前回蒔いた、月桃の種だった。(^^;;;




やべーぞ、自分!!
って思いました。(^^;;;




でも、こんなに全く忘れていたのに、
こんなに同じ場所に、
こんなふうに、同じように思って蒔くんだ、、、

って、自分のことだけど
とってもびっくりした。。。






posted by nori at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2021年08月27日

コケ玉2



もらってきた、用土とハイゴケがあったから、
昨日は家に帰ってから、もう一つ
コケ玉を作りました。
根が出ていたペペロニアを使いました。




それでも、まだもう少し、コケが余っていた。



今朝起きて、それが気になったので、
起きたそばから作ってみた。
(ハイゴケは、結局、もらわない人も多くて、
余っていたので、それも貰ってきていたから。)



今回は、根が出ていたアイビーにしてみた。



昨日、学校で作った土は、
 ケト土
 小粒赤玉土(ケト土の一割)
 わずかな鹿沼土
 もっと少ないバーミキュライト
 マグァンプ少し

水を少し加えながら、耳たぶくらいの柔らかさに
よく捏ねたもの。




この土をもらってきていたので、
今回はただただ、泥団子を作るだけ。




koke8-27-44.jpg
(左のビニールの中が捏ねた土)




koke8-27-5.jpg
これを半分に割る。




koke8-27-6.jpg
そこに植物を挟む。
(根がはみ出ても気にしない)




koke8-27-7.jpg
コケを湿らせる。
(ハイゴケには新聞紙のカスが付いている。
量も少し足りない感じだが気にしない。)




koke8-27-8.jpg
手で馴染ませるとくっつく感じ。

これを、目立たない色の普通の糸で巻く。
(きつめに巻く。)
巻き終わりは玉止め。
コケの中に押し込んで隠す、と言われたけど、
そのままでも気にならない。





koke8-27-9.jpg
出来上がり。
(Shinobuさんにもらった石を飾ってみた)








koke8-27-2.jpg
昨日家で作ったペペロニア。
葉先を少しカットした。






koke8-27-10.jpg
3つもある。(^^)

日に当てた方が良いと聞いた。
以前、日の当たらないところに置いていて、
水やりも忘れたりして枯らしたことがある。(^^;



コケの生えている場所って、
朝日は当たるけど日中は日陰、
みたいなところが多い気がするので、
そういうイメージで、そして、
水やりを忘れずにやってみよう。

楽しみだ。







posted by nori at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物

2021年08月26日

コケ玉1


学校のPTA向けのコケ玉教室の続きです・・・





コケ玉に使う植物は何かな〜
って、とっても楽しみにしていた。

そうしたら、シダ一択だった。
(シノブ?トキワシノブ?
正確な名前はわからなかった。)

何故かというと、このシダは、
学校の裏に生えてる物だったのでした!
それをポットに入れて用意してくれていたのだ。






苔玉の、周りに貼るコケは、
買ったものが用意されていた。

しかし、そのコケも、
学校の2階の渡り廊下にたくさんあって、
それを使う予定でいたらしいのだが、

たまたま、その場所に防水工事が
入ってしまった為、
コケはきれいになくなってしまったそうだ。残念!






コケ玉に使う土は、ケト土がメイン。
他に、
1割の小粒赤玉土と
ほんの少しの鹿沼土

これに少量の水を入れて練り上げた。
この練る作業は力がいる。

最後にわずかなバーミキュライトと
マグァンプを加え混ぜた。





私のテーブルは3人。
土はテーブルごとなので、
土をこねるのは2人でやって
一人が水を少しずつ加えた。



作業が終わって、気が付くと、
テーブルの一人が、使い終わった
ボウルなどを洗い終えていてくれた。

私たちがお礼を言うと、
捏ねるの大変だったと思うから
これぐらい全然・・・と言ってくれた。




作業が終わり、
余った土は持って帰ってもいいと聞いた。
そうしたら、また一人の人が、
黙って土を三等分して渡してくれた。





コケも少し余っていて
やはり持ち帰ってもいいという。
コケは班ごとでなく、全体で
使っていたので、
人数分なさそうだから
私は いいや、と思っていた。

そうしたら、目の前の二人が
コケを分けてくれた。





作業中、そんなに話もしていないし、
帰りも、さっさと別々に帰っていたのに、
なんだか、とても親切な人たちでした。





kokedama8.jpg

(学校で作ったコケ玉)








posted by nori at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物