2021年09月23日

夜のナガエコミカンソウ2






nagaekomikan3.jpg

この前切ってきたナガエコミカンソウ。
(白いのはニラの花)

葉柄に向かって葉っぱを合わせる様子を・・・。
必死に・・・

写り悪いのに、しつこくゴメンナサイ。あせあせ(飛び散る汗)




nagaekomikan1.jpg

こんな感じで葉の裏は白っぽい。




続きを読む
posted by nori at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭のない庭の植物

2021年09月22日

私のお弁当





bentou1.jpg


最近、夜、食べすぎているので

今日は意識して少な目に・・・。





この前焼いた小さい食パン。


家に居る家族用には、カツサンド(昨日揚げたカツで)

などを作り、残った端っこのパンを使いました。





たまたま端が厚くなったので3つに切ってしまった。

挟む所が2つあるから、


昨日作った きんぴらゴボウと

もう一つには輪切りのソーセージを挟んだ。


昨日作った ゴボウのサラダもあったから、

それとソーセージも挟んだ。


もう一個は、キャベツとソーセージ。




毎度のことながら

何も塗らずにペチッと挟むだけ。(^^;




ゴボウサンド・・・。(^^;;






bentou2.jpg


思い切って、頂いたハンカチを早速使ってみた。

テキトーに結んだけど、すごい嬉しかった・・・。




posted by nori at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のお弁当

ヨモギを摘んだ場所




motikusa.jpg

この前、ヨモギを摘んだ場所がきれいになっていて衝撃だった。




この気持ち、一言で言うなら

セーフ!




です・・・。(^^;




秋空





9-21kumo.jpg

通勤途中の雲がおもしろかった。






posted by nori at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

夜のナガエコミカンソウ



昨日投稿した、ナガエコミカンソウ。
就眠運動すると聞いたので、確認しに行った。

夜は虫が動き出すからほとんど出たことが無い。
そして、ココは狭いし、バラの棘もあるからアブナイ。


たしか19時前だったと思う。
でも想像以上に暗かった。
スマホの懐中電灯が何故か点かない。あせあせ(飛び散る汗)

すっごくビビりながら、フラッシュを焚いて撮った。
写真がヒジョーに良くないのでアップをためらうけれど・・・。





9-20komikansou.jpg

わかるかな??
一枚一枚の葉が閉じるのではなく、
互生した葉っぱ同士が
顔を向けあってくっつける感じ。

この説明、
わかりますか・・・?(^^;

できたら、写真、再チャレンジします。
見切り発車の投稿・・・平謝り




posted by nori at 06:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 庭のない庭の植物

2021年09月20日

ナガエコミカンソウ




IMG_20210920_115232.jpg

家の裏に、いつからか、急速に広がってきた
マメ科っぽい雑草が気になっていた。





IMG_20210920_115244.jpg

一面に広がってしまうけれど、抜こうと思えば
スッと抜ける。



風にサワサワ揺れ、きれいな黄緑がかった緑色だ。
背丈はとても低いが、一面に広がる。
冬に全て枯れるので、気にしないでいたのだけれど
名前が、調べてもなかなか出てこなかった。



萩のような、ニセアカシアのような葉っぱなので、
マメ科にとらわれすぎていた。



ついに、こちらで見つけました。
 ↓↓↓


ウィキペディア にも載っていました。




葉は就眠運動するそう。

在来種のコミカンソウに似ている。
コミカンソウは草だけど、これは
1mくらいの高さくらいまでになり
基部は木質化するみたい。
(うちではそこまで大きくならずに
寒さで枯れていく感じ。)

雄花は葉の下に、雌花は上に出る。
緑色の実(小さすぎて粒、ってカンジ。)が
結実すると、緑色の丸い果実になる。
(ビーズの粒よりも小さい。)


別名ブラジルコミカンソウ。(以下Wikipediaより)
日本では1990年代から関東以西の都市中心部に急速に広がり、道路の植え込みなどに多い。越冬できない地域でも一年草化しているが、小低木となっている所も見られる。当初ブラジルに自生するPhyllanthus corcovadensisと同種としてブラジルコミカンソウという和名がつけられたが、マスカリン諸島原産のPhyllanthus tenellusと同種(またはその変種)であることがわかった。





IMG_20210920_144158_1.jpg

ピントが合わなくてゴメンナサイ。あせあせ(飛び散る汗)お花。





IMG_20210920_144243_1.jpg

果実。





IMG_20210920_144357.jpg

すごーく小さい。
ビーズの粒より小さい。




IMG_20210920_143909.jpg

ニラの花と。






posted by nori at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭のない庭の植物

バッタを触った






IMG_20210920_105227.jpg

この前ノートに挟んでいたシダが乾いた。
これは、額に入れて飾りました。




すごくカワイイから、
また同じように押し葉を作ろうと、
庭の無い庭に摘みに出た。




そしたら、胞子が結構出てきてたので、
コワくて(^^; やめた。





IMG_20210920_085317.jpg

1度枯らして、2度目に植えたナス。
まだこれ2個目。期待はできない。





IMG_20210920_085451.jpg

また見切り品で昨日買ってきた
ミリオンベルの ’プチホイップ’
えらいカワイさなのだけど、
今はまだ植え付けたばかりで
枯れそうな花。

しゃがみこんで、じじじーっと、
この花を見ていたら、

昨日から見ているオンブバッタが。


この植えたばかりの所を食べられたくないから、
移動してもらおうと、掌を膨らませて捕まえた。
大きいほうだけが掌の中に入った。

離れ離れは可哀そうだから、小さいのも
再チャレンジして捕まえた。



2匹が私の掌の中で、ぴょんぴょん
スゴイ元気に跳ねる。

油断すると今にも指の隙間から出てしまいそうだ。
そしてすごく くすぐったくて笑ってしまった。




バッタ触るの何年ぶりだろうって思った。
懐かしい感じがした。

子供の頃はよく遊んでもらった。
自分の体で表現すると、喉のあたりに
バッタの口があった気がする。
捕まると、そこから赤茶色の汁も出た気がする。

ぴょんぴょん素早く飛ぶから
それを追って捕まえるのは、子供にとって
ものすごくステキな遊びだった。



名前がどうしてもわからない雑草が生えている、
家の裏の通路に2匹を放した。






posted by nori at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) |

梅ジャムソーダ





IMG_20210920_095717_1.jpg

今日は、なんとも素敵な秋晴れ。
冷たいソーダが美味しい。



冷蔵庫の梅ジャムはそろそろ無くなるが、
冷凍庫にも入っているのだ。



冬はホットでたのしんでみよう。




IMG_20210920_095725.jpg






posted by nori at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 保存食

2021年09月19日

家族用のパン






ホームベーカリーで捏ねてから、

型に入れて焼くいつものパン。




budoupan1.jpg

2本ともぶどうパン。







budoupan2.jpg

もっちりしていたので
焼かずに何もつけないで食べた。







ti-zupan2.jpg

今日は子供たちの好きなチーズパン。
ハムと、チェダーチーズブレンド。

長方形は何も入れないで焼きました。







ti-zupan1.jpg

このあとチーズパンは、次男がペロリと半分も
おやつに食べてくれた。







posted by nori at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パン

出てきました




sennitikou9-19.jpg

土に植え直した千日紅、
腐葉土の入った土の中から
翌日、ニョッキリ、出てきました。
よかった。



posted by nori at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の植物